カサカサ肌クリームランキング

カサカサ肌になる原因

 

どんな化粧品を使ってもしっとりするのはその時だけで、カサカサ肌に悩んでいる方は多いと言います。時間がたつとカサカサと粉がふいたり、赤く炎症してしまったり、その症状は深刻で厄介です。自分は大丈夫だと思っていても、実はカサカサ肌だったということもあるので、今一度自身の肌をよく観察してみてください。

 

肉眼では分かりにくいですが、ところどころ皮膚がめくれている箇所があれば、それは乾燥のサインです。では乾燥はなぜ起こるのか、その原因を5つご紹介します。

 

1つ目は、湿度の低下です。乾燥気味の方は、湿度が60%を切ることが多い、10月ごろから肌がカサカサし始めます。2つ目は、気温の低下です。気温が下がると、代謝や血行が悪くなり皮脂量が減少します。秋や冬に肌が乾燥するのは、気温による体質の変化も関係しているのです。

 

3つ目は、紫外線や加齢による保湿力の低下です。紫外線をたくさん浴びたり、歳を重ねると、肌のバリア機能が低下しカサカサ肌になります。4つ目は、日常のストレスや生活習慣です。肌が乾燥気味の方は、寝不足や偏った食生活など、不健康な生活を送っていることが多い傾向にあります。

 

5つ目は、アルコールが多い化粧品の使用です。スーっとする化粧水は使い心地は良いですが、肌の水分を奪うアルコールが入っていることがあります。夏用の化粧品は、早目に使用を中止しましょう。

 

以上の5つに当てはまれば当てはまるほど、肌が乾燥している可能性が高いです。出来ることから改善していき、潤いやハリのある肌を目指しましょう。

 

 

夏のカサカサ肌ケア

 

夏の肌は意外と乾燥しやすいことを知っていましたか?夏は気温と湿度の上昇によって汗や皮脂の分泌が盛んになり、肌がしっとりしていると勘違いしてしまいます。実は、クーラーや紫外線などでとても乾燥しやすい環境におかれているのです。

 

肌の水分保持力は年齢とともに低下していくので、高齢者にとってはさらに乾燥に追い打ちをかける季節となります。肌がべたべたするからといって保湿がおろそかになると、それがしわやたるみの原因になることを覚えておきましょう。どうしてもべたべたが苦手な方は、タオルでほてりを抑えたり、2回に分けて保湿ケアをしましょう。

 

また、たっぷりの量を与えることは大切ですが、同時に浸透力も重要です。浸透力の高い化粧水などで、肌の奥まで潤いを届けてください。加えて美容液や乳液で潤いに蓋をしてあげると、保湿ケアに大きな差が付きます。

 

そしてもう一つ、夏におすすめのタオルを使ったケアをご紹介します。リラックス効果も高いので、お手入れに加えると毎日のケアが楽しくなるでしょう。朝起きた時や洗顔後、顔がほてっている時がおすすめです。

 

まず、保湿効果を高めるために肌をほぐし、血行を促進させます。タオルが調度良い熱さになったら顔に乗せ、2分から3分放置します。この時、体温よりも冷たくならないように注意してください。

 

肌が温まったら、冷タオルで引き締めましょう。水で濡らして冷蔵庫に入れておいたタオルを顔に乗せ、2分から3分放置します。温タオルと冷タオルを複数回繰り返すと、肌に良い刺激が与えられてより効果的です。また、首のうしろや目元も同じようにして行うと、気持ちまでリフレッシュできるでしょう。

 

カサカサ肌を予防、改善する生活習慣

 

冬が近づいて空気が乾燥してくると、老若男女関係なくカサカサ肌になります。肌に最適な湿度は60%から65%と言われているので、30%以下になる冬場の肌は、水分が蒸発しやすくなって頻繁に乾燥や痒みを引き起こします。

 

このように湿度とカサカサ肌には密接な関係があるので、日常の生活を見直しながら最適な湿度を保ちましょう。早速、カサカサ肌を予防する生活習慣をご紹介していきます。

 

まず、暖房に気を付けて適正湿度を心がけることです。肌にとって最適な湿度を意識し、暖房のかけ過ぎに気を付けましょう。冬場は暖房が原因でカサカサ肌になることが多いですが、夏場の冷房も乾燥に繋がっています。

 

次に、熱いお風呂の長時間入浴は避けることです。熱いお湯に長時間浸かると、角質層の水分が減少し、カサカサ肌になりやすくなります。お風呂の温度は40℃以下に設定し、入浴後は直ちに保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

次に、遅くとも夜12時前には寝ることです。肌が新たに生まれ変わるのは、22時から夜中の2時だと言われています。また、成長ホルモンの分泌は眠ってから30分後に始まり、約1時間後にはピークを迎えるので遅くても12時まで就寝することをおすすめします。

 

次に、適度な運動をすることです。運動して汗をかくと、適度な水分が補われ皮脂膜の生成も正常になります。また、血行が良くなるので、栄養成分が体の隅々まで行き渡り、角質層の形成が盛んになります。

 

次に、過剰な洗顔や化粧品に気をつけることです。洗浄力が強い洗顔料で何度も洗うと、皮脂膜が削られカサカサ肌の原因となります。合成界面活性剤が含まれる化粧品はなるべく避けましょう。

 

最後に、カサカサ肌を予防する栄養成分を十分取ることです。セラミドは角質層に存在し、その隙間を埋めることで水分を保持しています。30代を過ぎると次第に減少していく傾向にあるので、セラミドが含まれた食べ物を積極的に摂りましょう。

 

ニキビ背中の脱毛〜後ろ姿を美しく

 

背中を隠せるか否かで洋服に悩んでいませんか?もしそうなら今すぐお手入れを!私も小さなころから毛深くニキビができやすく、背中のあいた服は駄目、泳ぎに誘われても断っていました。

 

背中にニキビができるのは皮脂腺とシャンプーなどの刺激、生活習慣の乱れなどですね。ニキビ肌状態といえば、背中に触ってじわっと脂っぽい感触があれば、です。加えて産毛は汚れが付着しやすく雑菌が繁殖するもとなわけですなくしてしまったほうがいいけどニキビで怖くて剃れない。悪化が恐い。そんなジレンマを解消する背中脱毛です。

 

ニキビがあっても脱毛可能?
最近開発されたハイパースキン脱毛。これでニキビも色素沈着も関係なく施術できますエステの光脱毛、医療レーザー脱毛の高熱照射の毛根に作用するのに対し、ハイパースキンは毛の種に働きかけ、毛周期の成長期にしか効果のない方法と違い休止期の種にアプローチするのです。

 

背中ニキビがあっても脱毛できる理由は、照射温度が38℃以上にならないので痛くない、毛の種に作用して脱毛、特殊な光で新陳代謝を促す、毛周期に合わせなくていい、特殊な光で肌細胞を活性化させる脱毛しながら肌の再生も期待できる方法なわけです。

 

背中トラブルがある場合、数ある脱毛機の中から最適なものを選んでくれるレヴィーガクリニックがおすすめ!常に肌を清潔に。汚れを取り除き、保湿することが大切です。選択肢はあります、体質だからと諦めず一緒に後ろ姿に自信が持てる背中を目指しましょう!

 

こちらもお勧め>>>背中 黒ずみ エステ

 

くすみのケアにプラセンタ

 

夕方が近づくにつれて、何だか顔が黒ずんで見える、疲れてやつれて見える、ある時には肌が黄ばんでいるような気がする、自分の肌を見てそう感じるならば、肌のくすみに原因があるかもしれません。

 

くすみがあると、肌の透明感が失われ、顔全体の色が暗くなってくるものです。しかしながら、その変化が徐々に起こるのでなかなか気づきにくいのです。顔色に合わせてファンデーションを選ぶと、首との境目がはっきりしてしまうこともありますよね。このような場合は、くすみが始まっている可能性があります。

 

このくすみは主に肌の乾燥や血行不良によって起こります。たとえどんなにキレイにメイクをしても、肌のツヤがなくなり、透明度も低下した肌では頑張ったほどはキレイに見えないものです。

 

このくすみは乾燥によって引き起こされることもありますので、常に保湿を丁寧にするよう心がけましょう。乾燥は美肌の大敵で、くすみだけでなくしわやしみ、たるみなどを招いてしまうのです。

 

また、乾燥や血行不良は生活習慣や食事の偏りによって起こることもあります。睡眠不足やストレス過多、不規則な生活によってホルモンバランスが崩れたり、ターンオーバーのサイクルが乱れると肌にさまざまなトラブルが現れてしまいます。

 

水分量が不足したり、毛細血管まで栄養が行き渡らなくなるのはその典型的な症状ですから、そういう経験がある方は要注意です。くすみを解消するためには、日頃の食事や睡眠などの生活習慣を見直す必要もあるのです。

 

そして、くすみを改善するにはプラセンタサプリも有効です。胎盤から抽出されるプラセンタエキスは、万能薬とも呼ばれ医療の現場でも使われだしています。特に更年期障害や生理不順など、女性ホルモンの分泌に関係する症状に効果的と考えられています。参考:くすみをとるサプリ!〜顔色パァっと明るく

 

念のため付け加えておくと、プラセンタそのものには女性ホルモンを増やす働きはありません。ただ、その女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、分泌量が低下している人には効果があるのです。

 

中でも、一般的には豚プラセンタが使われているのですが、馬プラセンタの方が美容効果が高いといわれていますのでおすすめです。

 

そして、血行を促進し、老化のもとである活性酸素を分解する能力も非常に高いため、肌のくすみだけでなく肌全体のレベルアップを促してくれます。

 

とはいえ、馬プラセンタサプリに限らず、すべての美容品は「これさえ服んでいればOK」というようなものではありませんので、基本的な生活習慣の修正、スキンケアの徹底を行った上で追加するというのが王道の使い方と言えるでしょう。

 

デスクワークと肉体労働の腰痛について

 

デスクワークや肉体労働などの仕事をしている方の一つの問題として腰痛があります。この腰痛の原因というのは様々ですが、主に常に同じ姿勢でいるか、もしくは重たい荷物をよく運ぶかということになります。

 

まずデスクワークが腰痛の原因になるのは一日中同じ姿勢で居る為に腰周辺の筋力が低下してしまい、筋肉が硬直して神経を圧迫するので腰痛になるとされています。

 

腰痛対策としてまずするべき事は軽めのストレッチをするということです。休憩中などを使って腰を動かすようなストレッチをするだけでも多少は緩和されます。

 

そして寝起きは腰が痛い、もしくは寝すぎると腰が痛いという場合は腰痛対策として高反発のマットレスを選ぶようにしましょう。低反発マットレスの方が身体にフィットして気持ちいいと思われるかもしれませんが腰痛には悪影響になる可能性がありますので、高反発マットレスで腰痛を改善することを考えてください。

 

次に肉体労働が腰痛の原因になる場合ですが、これは重い荷物を運んだり、持ち上げたりする際に急に腰痛になることがあります。基本的に動いていますし筋力もあるはずですので、腰痛対策として重要なのは姿勢を意識するということになります。仕事中もきちんと意識をすることで改善しますし、もちろん高反発マットレスなどを利用すればさらに改善されるはずです。

 

とにかく普段の私生活で腰痛を改善するための対策をする上で、高反発マットレスを利用すると腰痛を改善するかもしれません。ただ、あまりにも酷い場合は病院で診断してもらうようにしましょう。

 

腰痛サプリランキング@予防・改善におすすめはこれ

 

 

更新履歴